学会紹介:会長挨拶

高等教育質保証学会会員の皆様へ

 小職は、昨年8月に開催された高等教育質保証学会第6回総会において、鈴木典比古先生の後任として選出されました。もとより浅学菲才の身ではありますが、いまだ十分に体力が備わっているとはいえない学会の足腰の強化に、いささかでも貢献できればと思い、無謀にもお引き受けした次第です。
 わが国の多くの大学が、18歳人口の減少、地域格差や規模格差など、さまざまな諸課題に直面しており、またグローバル社会における大学の果たす役割等々、質保証という高等教育に係る一分野をはるかに超えたところに本来の問題があると思われます。
 当学会は創設後まだ日が浅いとはいえ、多様な分野の専門家を擁していて、潜在的能力はきわめて高いものがあると信じております。あらゆる機会を活用して、会員の皆様との交流を深めてゆきたいと願っています。今後ともよろしくお願い申し上げます。


高等教育質保証学会会長

相良 憲昭